新潟県の特徴

 新潟県は日本海に面する甲信越地方の県で、全国5位の広さを誇ります。全地域豪雪地帯で、年間雪日数は全国7位で全国上位となっております。

 

 この県の特徴としてまず挙げられるのは「教育優良県」です。例を出すと、高校進学率全国1位、小学生チャレンジ精神率全国3位、中学生チャレンジ精神率全国5位、小学生学校快適率全国5位、大学院進学率全国6位等、教育に絡む内容に関して全国でも上位のランクを占めていることが伺えます。

 

 次の特徴としては「米県」です。米どころとして有名である県の特徴がそのまま反映されており、モチ消費量全国1位、米消費量全国6位と(お米の消費は米どころとしては今一つの印象かもしれませんが)上位におります。ちなみに、その他消費が高いものとして、スイカ・なし・サケ消費量が全国2位、プリン消費量が全国3位、カレールウ・ぶどう消費量が全国4位、インスタントラーメン・メロン消費量が全国5位と、果物の上位が目立つ状況です。

 

 食材名から食品ジャンルに見方を変えて順位を確認すると、豚肉摂取量全国2位、野菜摂取量(男性)全国2位、野菜摂取量(女性)全国5位、果物・魚介類消費量全国4位と、食材の消費バランスが高いレベルで維持されていることがわかります。

 

 新潟県の教育、食事が高いレベルを維持できている理由として、ここからは推論となりますが、三世代世帯人数が全国3位、共働き率が全国6位、離婚件数全国47位という状況もあり、共働きでも家族(3世帯)で育児を行える環境が充実しており、家庭が安定している為子供をどこかに預ける必要が殆どない、という住環境がバランスの良い食や教育の背景にあると考えられます。

 

 次に全国と比べて低い傾向を言うと、医師の数が少ないです。歯科医師数全国7位のみ例外とし、その他の医療従事者を列挙すると、外科・循環器医師数全国47位、眼科・消化器科・麻酔科医師数全国46位、現役医師数全国44位等の結果となっております。地域の医療充実度合いまではわかりませんが、素人目線で医者不足になってないか気になるところではあります。もう一つ傾向を確認していて気になった点は、3世帯で育児等、古き良き日本を体現している県でありますが、女性の扱いに関して良き環境だろうか?という疑問が出てくる数字があります。例えば、女性自殺者数全国1位、(政治のジャンルだと)女性党(なかよしの党(2016年解党済))得票率全国1位、四年制大学進学率男女格差全国6位(高校進学率は全国1位なのに、大学になると男女格差が上位の県になる?)という傾向があります。

 

なかよしの党の主張は・女性の政界進出・弱者保護・少子化対策・主婦感覚の政策等、女性が社会に関わる事を積極的に推奨した政党であり、それを積極的に支持した新潟県民には先の政党を推すだけの理由があったのだとは推測できます。ただ、先にも挙げたように、共働き率が全国6位であり、働く事による社会進出は全国上位であるという事実もある以上、決して女性にとって息苦しい県ではないと思います。

 全国ランキングに関する出典:都道府県別統計とランキングで見る県民性(URL:http://todo-ran.com/)

新潟県の見どころ

観光名所 佐渡金山、鷹の巣温泉、妙高山等

<地元名産>

 へぎそば、から寿司、山海漬、わっぱ煮等

<ご当地グルメ>

 新潟ライスボウル、糸魚川ブラック焼きそば等

<地ビール>

 胎内高原ビール、妙原高原ビール、八海山泉ビール  

<日本酒>

 山間、高千代、久保田等

新潟県の祭・イベント

  祭・イベント名
1月  
2月  
3月  
4月 高田城百万人観桜会(日本三大夜桜)
5月 狐の嫁入り行列

6月

 
7月  
8月 謙信公祭 
9月  
10月  
11月  
12月  

新潟県の各市

地域名 ステータス
新潟市 作成中
長岡市 作成中
三条市  作成中
柏崎市  作成中
新発田市  作成中
小千谷市 作成中
加茂市  作成中
十日町市 作成中
見附市  作成中
村上市 作成中
燕市 作成中
糸魚川市 作成中
五泉市 作成中
上越市 作成中
佐渡市 作成中
阿賀野市 作成中
魚沼市 作成中
南魚沼市 作成中
胎内市 作成中