松本市の魅力

 松本市は教育を尊重する気風が強く、明治初年の開智学校の開校、大正期の松本高校招致に始まり、近年ではスズキメソード、世界花いっぱい運動を進めております。また、平成15年には松本市文化芸術振興条例の制定、平成16年にはまつもと市民芸術館のオープンなど、芸術文化の息づくまちづくりを進めています。また、多くのアルピニストを迎える『岳都』、セイジ・オザワ 松本フェスティバルの街『楽都』、学問を尊ぶ『学都』の『三ガク都』とも呼ばれています。

松本市の魅力について

  1.  松本市の建造物
  2.  松本市のイベント

1.松本市の建造物

1.松本城

 

 日本に2つしか現存していない5重の天守である松本城は松本市を代表する観光名所となっており、天守の中に入って見学する事が出来ます(なお、もう1つの5重の天守がある城は姫路城)。

 

松本城の詳細はこちら

 ※公式HPに繋がります

 ※写真提供:長野県観光機構

2.旧開智学校 

 

 明治時代初期に建てられた擬洋風建築の校舎。木造で桟瓦葺、寄棟2階建土蔵造りで、中央の八角塔や各窓の外国製ガラスも美しい建物です。国の重要文化財に指定され、松本城から徒歩15分の距離にある為一緒に観光が可能です。中は教育にまつわる博物館になっていて、教育意識の高かった松本町(当時)の教育の歴史を知る事が出来ます。

 

旧開智学校の詳しい情報についてはこちらまで

 ※紹介HPに繋がります

 ※写真提供:長野県観光機構

2.松本市のイベント

1.松本ぼんぼん

 

 8月の第1土曜日に開催される松本市最大の夏祭り。松本駅の東側から松本城にかけての広範囲が夜は歩行者天国になり、独特の「松本ぼんぼん」の歌に合わせて2万人以上もの人が踊る様は圧巻です。なお、松本ぼんぼんの歌はアニメ四天王の前川陽子(ひょっこりひょうたん島を歌っていた歌手)と大野徹也(テノール歌手)、東映ヤングフレッシュが歌っており、昭和の感覚を思い起こさせる歌です。

 

松本ぼんぼんにご興味のある方はこちらまで

 ※紹介HPに繋がります

松本ぼんぼんの歌に興味がある方はこちら
You Tube で確認できます。 

      

松本市への行き方(他都道府県からの行き方)

飛行機

松本空港からバス(アルピコ交通松本・空港・朝日線・松本バスターミナル行)で約35分
※空港からバス停、到着したバス停から駅まで各々5分
 程度歩く必要があります。

電車等

県庁所在地から松本駅まで

・JR篠ノ井線で約70~80分

・JR特急ワイドビューしなので約50分


 Journey to Japan は全国の地域と緩やかにつながり魅力を紹介していくサイトです。全国に紹介していきたい内容があれば、特にジャンルを問わず繋がり掲載していきます。ご興味がある方はどうぞご一報お願いします。