群馬県の特徴

 群馬県は関東の北部に位置する県の一つです。群馬県の特徴として「よく判らない県」というのがあります。以下に「よく判らない」例を並べていくと、例えば自動車保有台数・運転免許所保有数が全国1位です。この理由は、群馬県は絹産業が盛んで、早くから女性の経済的自立を確立しているという歴史的背景があり、その行動力が自動車普及率と免許取得率に反映されたと言われております。ところが女性の労働状況を見ると共働き率が全国21位で、全国上位とは言い難いです。出産等あるから女性を雇用し続けるのは難しいという考えの企業がたまたま群馬県に集中している可能性も加味し、非正規労働者数で女性雇用重視の特徴があるか確認したところ、その順位も全国17位で、女性が積極的に外に出て働く、という表現からすれば物足り無さを感じる順位でありました。

 

 次によく判らなかったのは、豚肉消費量が全国36位で、順位を見ると下位層に含まれる消費量です。ただ、前橋市の観光の目玉として「豚肉料理」を推しています。県民の消費量が下位にある食材を観光の目玉としたのは何故? と書いていてよく判らなくなりました。ちなみに少しフォローを入れると、豚畜産農家数・豚飼育数両方が全国4位で豚が群馬県の畜産の中心であるのは事実です(食べはしないようですが・・・)。鶏肉でも不思議な傾向があります。鶏肉消費量は全国47位で最下位ですが、ケンタッキー・フライド・チキン店舗数は全国4位です。県民は鶏肉が好きなのか嫌いなのか、これもまた県の傾向を読み解いていくと意味が分かりませんでした。結婚式費用が全国1位で、葬儀費用が全国8位と、冠婚葬祭に費用を出す県ですが、学校給食費滞納率が全国8位、教育費が全国47位と子供に対してお金をかけようとしない傾向があります。個人的な思いとしては、使いどころが少しずれている気がします。魚介類消費量が全国41位、肉消費量が全国47位で魚・肉は取りませんが、野菜摂取量は男性全国7位、女性全国8位と全国高位におり、かつ乳酸菌飲料消費量が全国1位という状況もある事から、体を気遣うヘルシーな県である事が判ります。ただ、乳酸菌飲料等で整腸を行っているにもかかわらず大腸がん死亡率(男性)が全国7位(女性は22位で中盤)という状況があり、体に対する気づかいが少し報われていない感があります(がんばっていたから男性の大腸がんが全国7位まで後退しているのかも知れませんが)。少し報われていない感が払拭できるようがんばれ群馬! です。

 全国ランキングに関する出典:都道府県別統計とランキングで見る県民性(URL:http://todo-ran.com/)

群馬県の見どころ

観光名所 富岡製糸場、洞窟観音、草津温泉等

<地元名産>

 ひもかわうどん、磯部せんべい、おっきりこみ等

<ご当地グルメ>

 太田焼きそば、上州麦豚のみそ漬け、高崎鶏めし丼等

<地ビール>

 呑龍夢麦酒、オゼノユキドケ、四万温泉エール、赤城山麓ビール等  

<日本酒>

 町田酒造、群馬泉、巌等

群馬県の祭・イベント

  祭・イベント名
1月  
2月  
3月  
4月  
5月  

6月

 
7月  
8月 高崎祭り、沼田まつり
9月  
10月 前橋祭り
11月  
12月  

 

群馬県の各市

地域名 ステータス
前橋市 作成中
高崎市 作成中
桐生市  作成中
伊勢崎市  作成中
太田市  作成中
沼田市 作成中
館林市  作成中
渋川市 作成中
藤岡市  作成中
富岡市 作成中
安中市 作成中
みどり市 作成中