富山県の特徴

 富山県は北陸地方の東側に位置する日本海に面した県です。 

  この県の最初の特徴として目立ったのは「魚の県」の傾向です。魚介類の消費と言えば富山県と言えるほど見事な傾向を示しています。魚屋店舗数・昆布消費量・ブリ消費量全国1位、イカ消費量全国4位、生鮮魚介消費量全国4位、魚介類消費量全国5位、カニ消費量全国6位、干物消費量全国8位と、魚介類の消費と消費に向けた環境が群を抜いて優れています。日本が海に囲まれた国で、魚の消費は全国それなりに高い、という条件の中でのこの順位なので、間違いなく魚県です。

 

 次に目立ったのは、「キノコ県」の傾向です。・・・何というか、菌類大好きなのでしょう。キノコ消費量全国3位、えのきたけ・生シイタケ消費量全国5位。これに特にコメントはございません。県民全てが好きなのでしょう。

 

 最後に、あまり認識なかったのですが、富山県には「和」の県の傾向がありました。米作付面積・米生産量全国1位、呉服店店舗数全国2位(1位は福井県)、もち消費量全国2位、中学男子柔道部員数全国2位、神社数全国3位、つくだ煮消費量全国3位、中学男子剣道部員数全国5位、中学女子剣道部員数全国6位等々、食・文化の面々で全国上位の存在数を示しております(米は新潟、呉服は京都、等々色々イメージが付きまとうのですが、良い意味で色々想像を裏切った数字が出ていました)。昔交通は不便な地域であったが、比較的京都府に近い県である為か、つくだ煮等は京都・福井・富山の順で消費量が並んでおり、京都文化の影響を受けながら自県の「和」を発展させてきたのではないか、という事が推測されます。 

全国ランキングに関する出典:都道府県別統計とランキングで見る県民性(URL:http://todo-ran.com/)

富山県の見どころ

観光名所 黒部峡谷、瑞龍寺、五箇山等

<地元名産>

 あんばやし、薄氷、大門素麺、鱒寿司等

<ご当地グルメ>

 入善ブラウンラーメン、氷見カレー、高岡グリーンラーメン等

<地ビール>

 富山いきいきビール、銀盤黒部峡谷ビール、オオヤブラッスリー等 

<日本酒>

 勝駒、羽根屋、銀盤等

富山県の祭・イベント

  祭・イベント名
1月  
2月  
3月  
4月  
5月 高岡御車山祭、城端神明宮春季祭礼

6月

 
7月  
8月 たてもん祭り、富山まつり
9月 おわら風の盆祭
10月  
11月  
12月  

富山県の各市

地域名 ステータス
富山市 作成中
高岡市 

作成中

魚津市  作成中
氷見市  作成中
滑川市  作成中
黒部市  作成中
砺波市 作成中
小矢部市 作成中
南砺市 作成中
射水市  作成中