金沢市の魅力

 江戸時代に加賀百万石の城下町として栄え、人口規模では江戸・大坂・京の三都に次ぐ大都市でありました。日本三名園の一つとして知られる兼六園や、加賀藩の藩祖・前田利家の金沢入城に因んだ百万石まつりなど観光資源が多い市であります。

 

 気候的には日本海側気候に属し、基本的に曇りが多く、「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるくらい雨・雪が多い地域です。ただ、この気候が伝統工芸である漆塗りや金箔製造を発展させた所があります。

金沢市の魅力について

  1.  金沢市で実施されるイベント
  2.  金沢市のグルメ
  3.  金沢市の建造物等

1.金沢市で実施されるイベント

1.金沢百万石まつり

 

 前田利家公が1583年に金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業をしのんで開催されています。毎年前田利家公とその妻まつを演じる方として芸能人を呼んでおり、祭りに対する並々ならぬ意気込みを感じます。

 

金沢百万石まつりの詳細についてはこちら
 
※外部HPにつながります。

    ※写真提供:金沢市

2.金沢市のグルメ

1.ゴリ料理

 

 ゴリ料理

いかつい雰囲気を感じますが、魚の料理です。ゴリラの料理じゃないです。ごり押しの語源にもなった魚で、近年の漁獲高減少に伴い非常に高価な食材となっております。

 

 

ゴリ料理をお知りになりたい方はこちら

 ※外部HPに繋がります
 

 

3.金沢市の建造物等

1.兼六園

 

 日本三名園の一つ(他は岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園)。四季折々に様々な表情を見せるが、雪に備えて行われる雪吊が冬の風物詩として特に有名。

 

 

※兼六園の詳細についてはこちら

※外部HPにつながります。

金沢市への行き方(他都道府県からの行き方)

飛行機

小松空港より空港リムジンバスで40分

 →JR金沢駅

 

新幹線等

1.東京方面から金沢へ行く場合

 JR東京駅から新幹線で約150分

2.大阪方面から金沢へ行く場合

 JR大阪駅から特急サンダーバード号で約160分


 Journey to Japan は全国の地域と緩やかにつながり魅力を紹介していくサイトです。全国に紹介していきたい内容があれば、特にジャンルを問わず繋がり掲載していきます。ご興味がある方はどうぞご一報お願いします。