岐阜県の特徴

  岐阜県は日本のほぼ中央に位置する内陸県です。南北に長い形をしているこの県は、北部の飛騨地方が日本海側気候、南部の美濃地方が太平洋側気候と、南北の気候が異なるという特徴があり、冬は大雪、夏は全国最高気温を記録するなど、振り切れた気候を体験できる県の一つである。

 まずこの県の特徴で最初に目立つのは「Welcome 外人さん」県です。日本人男性国際結婚比率全国1位。外国人研修生・技能実習生数全国1位、在日フィリピン人数全国1位、外国語会話教室数全国2位、在日外国人数全国6位、という状況が並びます。愛知県を中心とした傾向ですが、愛知県は工業が盛んで、愛知県の工業従事者として外国人労働者がその周辺(三重県・岐阜県)に住む環境があり、その環境が快適となるように町の人とが外国人が理解しあい協力している事がこの数字の結果と伺えます。

 次に目立ったのは「外食大好き」県という傾向です。喫茶費用・和食外食費用が全国1位、中華外食費用・洋食外食費用・すし外食費用が全国2位と和洋中問わず外食に出るのがとにかく好きです。食事は外で楽しむなんてシンガポールやスペインのようです。またこれだけ外食好きであってもエンゲル件数が全国23位という順位であることから、県全体の収入が高いことが伺えます(年収1,000万以上世帯数が全国8位、相対的貧困世帯率が全国41位という事から推測すると、お金を持っている人ともっていない人の格差が小さく、持っていない人でも全国でも高めの収入がある、という事が言えます)。

 意外な特徴としては、全国酒類コンクール等で全国上位となる事も多々ある地域であるにもかかわらず、日本酒消費量が全国17位と特に目立っておらず、それ以外のお酒についてもウィスキー・ブランデー全国33位、ビール消費量全国47位と見事にアルコール飲まない県です。山も木も多く(森林率全国2位)で、神社数も全国9位と、自然と神が身近に感じる県は神や自然への畏敬の念と奉納(要は祭)の文化がある(つまりお酒の消費が多い)と勝手に推測していたので個人的にイメージが崩れて残念です。

全国ランキングに関する出典:都道府県別統計とランキングで見る県民性(URL:http://todo-ran.com/)

岐阜県の見どころ

観光名所 下呂温泉、奥飛騨温泉郷、岐阜城、宇津江四十八滝等

<地元名産>

 金魚めし、からし豆腐、漬物ステーキ、朴葉味噌等

<ご当地グルメ>

 各務原キムチ鍋、奥美濃カレー、美濃加茂やきそば等

<地ビール>

 飛騨高山麦酒、地ビール飛騨 郡上八幡麦酒こぼこぼ等 

<日本酒>

 津島屋、蓬莱、竹雀等

岐阜県の祭・イベント

  祭・イベント名
1月  
2月  
3月  
4月 八百津まつり、阿夫志奈神社祭り
5月  

6月

 
7月 長良川まつり・鮎供養
8月  
9月  
10月  
11月  
12月  

岐阜県の各市

地域名 ステータス 地域名 ステータス
岐阜市 作成中 各務原市 作成中
大垣市 

作成中

可児市   作成中
高山市  作成中 山県市 作成中
多治見市  作成中 瑞穂市 作成中
関市  作成中 飛騨市 作成中
中津川市  作成中 本巣市 作成中
羽島市  作成中 郡上市 作成中
美濃市  作成中 下呂市 作成中
美濃加茂市  作成中 海津市 作成中
瑞浪市  作成中 土岐市  作成中
恵那市  作成中