福岡市の魅力

 古来から博多という名称であった町は、中世に商人を中心とした自治都市が形成され、豊かな町人文化を育んだ。戦国時代後期に戦乱で衰退した街を豊臣秀吉が復興し、その後黒田氏が福岡城とその城下町を築いた事で、那珂川を境に西が城下町としての「福岡」、東が商人町としての「博多」という名称が定着しました。

 

 九州地方最大の都市で、現在も人口増加が進んでおり、平成22-25年(2010-2013年)の調査では福岡市は政令市の中で人口増加数・増加率ともに最大でありました。この傾向は今後も続くと見込まれており、2035年には約160万人に達するとされております。

 

 福岡市には天神と博多という両都心がそれぞれの特徴を持って反映しております。繁華街である天神は多数の百貨店やファッションビルが集積し、ビジネス街である博多は在来線・新幹線のターミナルである博多駅、地下鉄で数分の距離にある福岡空港等、大企業の支社が集積する場所となっております。

 

福岡市の魅力について

  1. 福岡市の祭

1.福岡市の祭

1.博多祇園山笠

 

博多祇園山笠とは、700年以上続く櫛田神社の奉納神事で、毎年7月1日から15日まで開催されます。

「飾り山笠」と「舁き山笠」の2種類あり、最終日の追い山笠では舁き山笠が櫛田神社に勢いよく担ぎ込まれる姿は一見の価値ありです。 

 

※博多祇園山笠の詳細についてはこちら

※外部HPにつながります。

福岡市への行き方(他都道府県からの行き方)

飛行機

福岡空港より福岡市地下鉄空港線で約15 

電車等

福岡市へのアクセスについてはこちらを参照願います。


 Journey to Japan は全国の地域と緩やかにつながり魅力を紹介していくサイトです。全国に紹介していきたい内容があれば、特にジャンルを問わず繋がり掲載していきます。ご興味がある方はどうぞご一報お願いします。